りそな銀行住宅ローン借り換え審査を相談しよう

 住宅ローンを組んだときはよくわからなかったけど、実際に返済をしてみて、毎月の返済額が高くて家計の負担になっている事ってあると思うんです。そういう家族のために提案したいことは、住宅ローンの借り換えなのですが、以前と比べて金利も大分引き下がりましたから、借り換えをするなら今がチャンスです。最近では多くの銀行で金利の引き下げを実施しています。もちろん、住宅ローンも対象に金利が下がっているので、新規で住宅ローンを組む人も、借り換えをする人にとっても非常に適した時期なのです。住宅ローンの返済のために共働きをしている家庭も珍しくありません。

 そして、住宅ローンの事なら今や大人気のりそな銀行借り換え住宅ローンがお勧めです。りそな銀行は全国的に知名度がある銀行で、サービスも充実しています。インターネットバンキングもありますから、ネットビジネスをしている人の利用者も多いのがりそな銀行です。そして、信頼と実績があるからこそ、りそな銀行借り換え住宅ローンで行う人も少なくありません。さらに、変動金利タイプなら、今なら借り換え金利が1パーセントをきって0.975パーセントです。もし、現在借入して、返済しているローンが2パーセント台であれば、それは確実にりそな銀行借り換え住宅ローンをした方が毎月の返済額もぐっと減るはずです。

 そして、返済期間が10年以上残っているのであれば、それも借り換えをした方がお得です。残債も1000万円以上残っている場合でもそれは言えるでしょう。とにかく、金利が安い時代だからこそ、今が借り換え時なのです。無駄な金利を払うのであれば、意味のないことですし、その分貯金に回せるはずです。りそな銀行だったらローンの関するすべての事をプロが相談に乗ってくれます。口コミサイトを見ても、りそな銀行のスタッフは親身に相談に乗ってくれると評判なので、他の銀行に借り入れがあって、返済に困っている人は一度りそな銀行借り換え住宅ローンについて相談してみるのも視野に入れてみた方がいいかもしれません。

 もしかするとこれからの運命を変えるような出来事が待っているかもしれません。金利と言っても1パーセントの差で大分差額が出ますから、その差額で他の何かに回せるはずです。また、シュミレーションにより、借り換えをした後の返済額も出してもらえますから、それと照らし合わせて納得出来れば借り換えをした方がいいですね。多分、今の段階で金利が高くて迷っている人は、確実に納得すると思いますが…。

りそな銀行住宅ローン借り換えのメリットとデメリットは?

様々なローンを検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが金利固定か変動かの選択はないでしょうか。

金利の数字だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動制では多くの期間で半年ごとに金利が変わり社会情勢によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上に上がる可能性があるなど計画が立てにくい面もあります。

りそな銀行住宅ローン借り換えを行う場合は多くの人は変動を選ぶようです。

固定の場合では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても心配ないという長所もあります。

他にその中間とも言える1年ごと、3年ごとに金利が固定の固定期間選択制というものもあります。

1度組んだりそな銀行住宅ローンを別のりそな銀行住宅ローンにするりそな銀行住宅ローン借り換えですが1度組めたから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちることもあるんです。

借り換え審査時に職場や年収が変わっていなければ審査に通ることの方が多いようですが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は気をつける必要があります。

また、年収や職場が変わっていなくても借り換え時には物件の評価が中古物件扱いになり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他にはカードローンを利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

この場合は以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

りそな銀行住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが「自動車ローンをすでに組んでいてもりそな銀行住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば条件に合っていれば可能です。

銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額がりそな銀行住宅ローンの借入可能額を圧迫して借りられないこともあります。

当たり前のことですが自動車ローンをちゃんと返済していないとそもそもローンの借入不可なので気をつけてください。

これはりそな銀行住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

稀に、現在の自動車ローンをりそな銀行住宅ローンに組み込んで車のローンをりそな銀行住宅ローンに組み込むのを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

りそな銀行住宅ローンを減らしたいと考えている人の中にはりそな銀行住宅ローン借り換えを行うかで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

もし借り換えを行う場合は、新しいりそな銀行住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

どういったメリットで選ぶかを具体的に考えましょう。

ひとつは保証料がかからないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」と言われています。

例えば3000万円を30年ローンの場合、60万円以上かかる計算になります。

また、一番のメリットと言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

少しでも返済が勧めやすいように繰上げ返済手数料が無料なローンを選びたいですね。

りそな銀行住宅ローン借り換えに関して調べていると気になる事実を発見しました。

今、住んでいない住宅の場合はりそな銀行住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤することになって転勤先での賃貸料と二重になってきつい、金利が低くなったローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ新しく組めないかというと、りそな銀行住宅ローンという制度は自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他の金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは基本的に見つからないと思います。

他にも離婚で別居する際なども同じことが言えます。

今のローンよりも金利の低いローンを組むりそな銀行住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在のりそな銀行住宅ローン返済予定表や返済口座の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる印鑑証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる間取り図などの書類になります。

勤務先で取得する源泉徴収票などは比較的用意しやすい部類ですが土地公図などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのは主な分類なので実際に借りる金融機関によっては別の書類が必要になることもあるのでよく必要書類を確認しましょう。

りそな銀行住宅ローンを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単に行えることです。

その理由としては繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息もどんどん減っていきます。

結果として総支払額が短縮された期間の利息分少なくなったり、支払期間が短くなります。

そのため、手続きをネットで行えることや繰上げ返済額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

最も気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで生活が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

参考:住宅ローン借り換えランキング!現在おすすめの銀行は?【審査で選ぶ】

ここ数年、ネット銀行などでは非常に低いりそな銀行住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、親子でローンを組んでいるなど連帯債務の場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合に注意が必要かというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分として契約していたのが実態は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義にしなければいけないことがあります。

こういった連帯債務から単独債務への借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの諸費用と税負担やかかる諸費用を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

りそな銀行住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記なども行う必要があります。

登記手続きなどの実務自体は司法書士がやってくれますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選べるローンもあります。

借り換えを行う多くの方はお願いする司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にもローンの申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて労力が伴わないと思ったら行わない決断もありです。

家計の悩みになりがちなりそな銀行住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利から金利が低いローンへ見つかったらそちらに変えたいですよね。

ただ、低金利という部分だけを目当てに変えるのはやめましょう。

りそな銀行住宅ローン借り換えはフリーローンなどの借り換えとは違い登記をはじめ、いろいろな費用が発生しますので、かかる費用も計算したら変えるほどのメリットがない場合もあります。

そのため、web状の借り換えシミュレーションを利用してメリットがあるかを確認しましょう。

借り換えをする際の基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。