返済額を減らせる住宅ローンの借り換え

 住宅ローンの借り換えをするのであれば、ポイントを抑えることが重要です。まず、住宅ローン借り換えをする場合は、新規の住宅ローンを組むとの同様に諸費用がかかります。この諸費用というのは、借り換えをする前の住宅ローンの抵当権抹消費用、そして、登録免許税、司法書士手数料、ローンの保証料、印紙税、火災保険料などがあります。

 この諸費用を支払ってでも、住宅ローンの残債が減額されるとなれば、それは住宅ローンの借り換えを行うべきです。そして、借り換えでおとくになる目安というのはローン残高が1000万円以上であること、借り換え前の住宅ローンよりも1パーセント以上金利が安い事、そして、返済の残り期間が10年以上ということが目安となります。

 これが、住宅ローンに借り換えのポイントですが、今の時代金利が史上最高に安いと言われている時代なので、住宅ローンの借り換えをして得をする人は多いはずです。借り換えをすればお得なのに、借り換えをしないのはもったいないことです。住宅ローンの借り換えをして、少しでも返済額の負担を少なくすることが出来れば、家計にも余裕を持たせることが出来ますので、浮いたお金を貯蓄に回すことが出来ます。借り換えをして貯金が増えるなんて嬉しい事ですよね。

関連リンク

新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】
新生銀行住宅ローン借り換えの審査の対策法をご紹介します。新生銀行住宅ローンの年収や勤続年数の基準を調べ、審査に通るためのポイントを伝授!あなたの借り換えを必ず成功させます!
www.mortgage-sinsa.com/