住宅ローンの金利タイプは大きく分けて2つ

 住宅ローンの金利タイプは大きく分けると二つです。変動金利タイプと、固定金利タイプに分かれます。変動金利タイプは、毎月金利が変動するのですが、それに合わせて、支払額が決定します。すなわち、返済終了まで金利がばらばらな状態で毎月返済をしなければいけません。とは言っても固定金利タイプと比べると金利は安くなるため、変動はするものの、固定金利よりも必ずしも高くなるというわけではありません。

 しかし、場合によっては固定金利よりも高い金利に変動する場合もあるため、安定した金利タイプとは言えません。そして、固定金利タイプですが、これは融資実行時から金利が返済終了まで変わりません。変動金利タイプと比較すると、最初から金利が分かっているので、安定した返済が出来るのが魅力ですが、変動金利タイプと比較すると若干割高な金利となるため安定はしているものの、低金利で融資を受けたい場合は変動金利の方が低金利で融資が受けられる場合もあります。

 それぞれどちらにもメリットデメリットはあるのですが、安定して返済を行っていくなら固定金利タイプ、変動はするもののとりあえず、低金利で融資を受けたいなら変動金利タイプと選択できますから、自分のライフスタイルに合わせて金利タイプを選ぶとよいでしょう。

住宅ローンの金利の勉強ができるサイト

住宅ローン金利安い銀行は?変動・固定比較【低金利ランキング】
住宅ローン金利の安い銀行を比較して一番お得な商品をご案内します。金利比較の他、諸費用やサービス内容の比較もどうぞ。
www.mortgage-kinri.com/ < /p>